編集 | 編集(GUI) | 凍結 | 差分 | バックアップ | 添付 | ページ名変更 |
最終更新: 2021-11-11 (木) 22:55:22
トップページ / FAQ / おすすめ将軍

おすすめ将軍 Edit

強い将軍を雇うことも重要だが、シナリオと軍集団によって出撃させられる将軍は限られるため雇用には熟慮が必要である。
今作は将軍の「解雇」ができないのでチョイスは慎重に行おう。

連合は東部戦線までは新規の人を雇わなくてもなんとかなるが、太平洋突入時にニミッツを、北アフリカ終盤までにはパットンとゴヴォロフあたりを雇っておくとよい。
枢軸はレープかグデーリアンを東部戦線終盤までに手に入れておき、太平洋では南雲と五十六あたり(ケッセルリンクやデーニッツでもいいが、軍団の枠を消耗する)を雇っておくとよい。太平洋枢軸の☆付きシナリオをクリアしたい場合は山下を雇うことを視野に入れておこう。

装甲将軍 Edit

装甲最強はマンシュタインだが、無課金で雇える人を紹介。
なお、枢軸側では無料で配布される将軍のうち、北アフリカ戦線まで「装甲能力☆3以上の人が貰えない」。
故にどこかのタイミングで強い人を雇いたい。
連合側ではKV-6の運用を考えた時に、長期的な運用ができるパットンが一押しである。

グデーリアン(枢軸) : 枢軸側で最強の(無課金)戦車将軍

「電撃戦」(確率50%)で相手から反撃を食らうのを防ぐことができるため、体力を温存でき、基本火力も十分高い。
「鋼鉄の洪水(ダメージ+12)」と「対装甲(敵の装甲ユニットに+24%)」を持ち、クリティカルが発生すると下手な装甲車なら一撃でゲージを吹き飛ばす。
軍団入りしているのは西部戦線1939、1944さらに東部戦線1941、太平洋1945と多く序盤で仲間に出来ると心強い。
価格は1020と雇用できる将軍では最も高いが、それに見合うだけの性能を持つ。マンシュタインに次ぐ装甲最強格の一人。
機動力は☆3と高いため、豹戦車(特殊部隊)に載せてガンガン進んでもよいし、重戦車に載せて高い火力で敵を薙ぎ払うのもよい。

ロンメル(枢軸)

北アフリカ戦線枢軸シナリオで堂々の主役。西部戦線1944でも軍団入りしている。
「砂漠戦(砂漠で戦う際与ダメージ+12)」を持っているため、まさしくホームグラウンドの砂漠で戦うと強い。
価格が995とグデーリアンの次に高いが、価格に見合うだけの強さをもつ。特にグデーリアン他枢軸の将軍にはない「装甲指揮官(確率24%で再攻撃)」が強み
ロンメルをマウスに載せ、豹戦車のグデーリアンとタッグを組ませればかなり楽にシナリオを進められるだろう。
「鋼鉄の洪水(ダメージ+12)」「砂漠戦」で敵のアウトレンジから攻撃し「装甲指揮官」による連続攻撃は非常に強力である。

...しかし電撃戦がないので無理に敵陣地に突っ込むと、敵の反撃を防げずに死にやすいので注意。

モンゴメリー(連合)

北アフリカ戦線1941、西部戦線1939と1944で軍団入りである。スキル「機械工(補充時に回復50%)」によりリカバリーが利きやすいが、重戦車に載せると補充コストが高いことに注意。
電撃戦をもっていないため、敵陣地に無理やり突っ込ませると大量の反撃を喰らって死にやすい。
彼の長所は「装甲指揮官(確率24%で再攻撃)」を持っていて「機械工」を持っていること。体力管理を慎重に行いながら敵を撃破していこう。
重戦車に載せると募集のコストが高すぎて、スキル「機械工」の良さを生かしきれないことがあるため、パットン取得後はモンゴメリーを戦車あたりに載せた方がいいかもしれない。

パットン(連合) : 連合側で最強の(無課金)戦車将軍

北アフリカ戦線1941、西部戦線1944で軍団入りである。
火力は後述のヴァトゥーチンよりも劣るが、機動力が☆3。「電撃戦(確率50%)」さらに「装甲指揮官(確率12%で再攻撃)」による再攻撃がモノを言う将軍。
「電撃戦」により敵の反撃を封じつつ、「装甲指揮官」により連続攻撃が可能である(ぶっちゃけモンゴメリーよりも活躍する)ため、消耗しやすいKV-6に載せるのに最適な将軍。
彼のスキル(史実の性格)上、敵の反撃を防ぎながらガンガン攻撃していき、敵陣地を切り崩していくと良い。
要塞砲や敵の特殊部隊を安全に削れるのはかなりの長所。特に「精密打撃(特殊部隊に+30%ダメージ)」はカール自走臼砲や突撃虎、敵歩兵をKV-6の範囲攻撃で処理するのに向いている。
「装甲指揮官」のスキルはモンゴメリーより下のものとなってはいるが、「装甲指揮官」と「電撃戦」を併せ持つ将軍は連合枢軸両方でパットンしかいない。
(敵の攻撃を1度も受けずに敵を撃破することが理論上可能)

ヴァトゥーチン(連合): 妥協枠

星3将軍だが戦車能力☆4であり、「鋼鉄の洪水」を持つため、なんと連合での戦車火力1位を誇る
弱い方ながらも「対装甲」を持ち、戦車も削れる。その上星3なので上記の強力な戦車将軍たちよりも価格が720と安いのも特長。
ただしデメリットとして防御系、補充系のスキルを持たないため消耗しやすく、機動力がゼロ(これは将軍の栄光初代や覇者3でも同様の性能)。
また、太平洋戦争1945までに固定将軍枠として、シナリオで指定されるのは東部戦線1941だけである。
運用方法としては、前線を固めて自身はKV-6付きの重戦車で後方から攻撃を叩き込むのが理想。
KV-6はレベルアップさせれば最終的に移動力を+3(上限解放によりさらに+2)できるので、足の遅さもある程度カバーできる。

火砲将軍 Edit

火砲最強はジューコフだが、無課金で雇える人を紹介。
なんの因果か、このラインナップは世界の覇者3と丸被りである。

レープ(枢軸) : 枢軸で最強の火砲将軍

唯一の存在感を持つ枢軸火砲将軍。枢軸でスキル「火砲指揮官(確率12%で再攻撃)」持ちはレープしかいない
西部戦線1939と東部戦線1941で軍団入りしており、序盤に仲間に出来ると心強い。
「集中火力(ダメージ+12)」「精密」持ちで特殊部隊「エレファント戦車」と組み合わせれば敵装甲ユニットに強力な一撃を叩き込める上、上手くいけば連続攻撃もできる。
軍集団でも文句なしに強い。グデーリアンと並んで絶対に手に入れたい将軍である。

バドリオ(枢軸)

貴重な枢軸火砲将軍であり、実力はレープに次ぐ(というより、優秀な枢軸火砲将軍が全然いない、バドリオの次点(火砲専用スキル持ち)がブラウヒッチュと苦しい)。
最低限の火力が保証されている他、「経済学」持ちなので、資金がカツカツになる小国の軍集団で活躍する。価格もそこそこであり、コスパがいい。
西部戦線1939と北アフリカ戦線1941で将軍枠に入っているが、必須というほどでもない。火砲指揮官を持っておらず再攻撃ができないのが痛い。
レープだけではシナリオがキツイ+補助戦力が欲しいという人向け。
後半の西部戦線1944や太平洋1945ではシナリオの援軍に重火砲が呼べるので、バドリオを取得する意味はある。

ゴヴォロフ(連合)

特殊部隊「カチューシャ」と組み合わせるとかなり強力な一撃に加え「火砲指揮官(確率24%で再攻撃)」が発動した場合は追加攻撃を行うことができ、周りの敵ユニットも巻き添えに攻撃を食らわせられるため、敵陣地をガンガン潰せる。
ただ、彼がいなくても無料配布の将軍だけで東部戦線、太平洋1942の連合シナリオはクリアできることに注意(仲間にしておくと楽なことに違いはない)。

しかしゴヴォロフを雇わないと後半の敵が多いシナリオはキツイ。
1944西部戦線シナリオまでにはゴヴォロフを取得し、チュイコフ+ゴヴォロフでタッグを組ませよう。
「平原」のスキルがあるが、平原エリアで戦闘を行わないとなるとステージによってはアレクサンダーやチュイコフに火力で負けることがあるので注意(ただ火砲指揮官による再攻撃が発動した場合、トータル火力としては問題なくなる)。

ヴォロノフ(連合) : 妥協枠

「1941東部戦線連合シナリオのクリアがどうしてもキツイ」+「高価格の将軍(ゴヴォロフ)なんて雇えない」という人向け。
ヴォロノフは、「価格にしては」かなり優秀な火砲将軍。
価格は290と安く、「火砲指揮官」と「精密」を併せ持つ。機動力ゼロなのがネックだが。
ただ、シナリオ開始時に獲得するルクレール、カニンガムよりもサブ戦力として活躍する。
彼を雇ったら、ゴヴォロフを雇うまでのつなぎにしておき、いずれはゴヴォロフとチェンジしよう。

海軍将軍 Edit

デーニッツ(枢軸)

対艦攻撃においては、スキル「魚雷マスター(敵海軍部隊へのダメージ+24%)」を持っているため南雲よりもポテンシャルは上(というより最強)「群狼作戦(自身と周囲2マス以内の友軍海軍部隊の攻撃力+15)」をもっているため、艦隊戦(集団戦法)で有利
枢軸側で「群狼作戦」持ちはデーニッツだけである。
シナリオでは巡洋艦に載せて上陸部隊を援護してもよいし、潜水艦で敵の艦船を沈めていくのもよい。
また、「警戒(海軍部隊を指揮時、海軍部隊や空軍部隊からの被ダメージを30%減らす)」持ちなので打たれ強い。
被ダメがバカみたいに増える、チャレンジ(南極)では大活躍する。
...ただ太平洋シナリオの将軍枠の関係上、デーニッツを雇って将軍枠を埋めると陸戦に振り分ける将軍数が減って太平洋シナリオのクリアがキツくなるのに注意。
山下を追加で雇うことが前提であれば、(デーニッツが西部戦線1944でも軍団入りしているため)デーニッツを先に雇う方が有利。

南雲忠一(枢軸)

なんと、唯一の海軍☆5(最強)。なぐもんが公式にネタ化された。
スキル「艦砲射撃」「破壊」によって陸地への艦砲射撃が非常に強力であり、上陸戦を挑む陸軍を援護するのに最適。
群狼作戦がないのと、警戒スキルがないので安定性ではデーニッツに劣る(クリティカルが発生すれば上回る)...が非常に強力な海軍将軍。
太平洋枢軸は難しいため、太平洋に突入したら購入を考えよう。太平洋戦争1942で軍団入りしているため将軍枠を圧迫しない。
ただし軍団入りしているシナリオが太平洋戦争1942しかないので注意。

ニミッツ(連合) : 連合で最強の海軍将軍

太平洋連合シナリオの軍団メンバー。スキル「艦砲射撃」「群狼作戦」持ちなので艦船に載せるとよい。
連合で「群狼作戦」持ちは彼だけなので仲間にしておくと、シナリオの難易度がぐっと下がる。
アルノルトを空母に、カニンガムをサブ戦力に、そしてニミッツを主力艦に載せておくと太平洋シナリオを(ニミッツ以外に別の将軍を新たに雇わなくても)安定してクリアしていける。以後のシナリオでも追加募集されたり、援軍で補充される艦船などに載せると活躍できる。

空軍将軍 Edit

優先順位は低い...が太平洋枢軸シナリオは五十六あたりを雇用しないとクリアがきつい。

山本五十六(枢軸)

南雲かデーニッツを仲間にした後で、雇用を考えてみよう。
というのも、枢軸側で空軍能力に特に秀でた人が無料配布でもらえない(小沢治三郎では力不足だし、彼は海軍能力の方が高め)のである。
さて、五十六のスキル「絨毯爆撃」「急降下爆撃」「空軍軍団」はすべて空軍向きである。
よって空母か空挺兵に載せて運用することを考えよう(彼のスキルは空母に載せた時に真価を発揮する)。
爆撃で着実に相手へのダメージを積み重ねつつ、士気を不定期で下げられるため強い。
「空軍軍団(自身と周囲3マス以内の空港と空母に駐留する空軍部隊の攻撃力+15)」を持っているため、味方空母か空港の近くに五十六を配置したい。

ケッセルリンク(枢軸)

歩兵能力と空軍能力が高い。スキル「空軍軍団」「急降下爆撃」持ちなので空母に載せてもよし、空挺兵に載せて戦うのもよしで意外と万能。
ただ、「追撃(士気低迷以下の敵を攻撃の際与ダメージ+12)」を活かす場合、空挺兵運用の方が行いやすい。

空挺兵は敵のユニットと隣接する場所に降下した場合、敵のユニットの士気を下げることがある。
(追撃は敵の士気が低迷状態以下(アイコンが紫色、?マーク)でないと効果が出ないため注意)
ただ、ケッセルリンクを雇うよりも、五十六を雇ったほうが太平洋枢軸シナリオで、将軍枠を温存できるため勲章と要相談。
西部戦線1939と北アフリカ戦線1941さらに西部戦線1944で固定将軍枠に入っているため、長期的に見れば損ということはない。
後半のシナリオ+難易度の高い軍集団は空軍将軍が二人いると助かる場面がある。

ダウディング(連合)

なんと唯一の空軍☆5で最強枠の一人...なのだが彼がいなくても前半のシナリオは攻略できてしまうので勲章と要相談。
歩兵☆3で「空挺兵」スキル(空挺降下させたときに士気が上昇)を持っているため、空挺兵に載せて運用するのに向いている。
アルノルト解放まで待てない or アルノルトの火力じゃ納得できない という人向け。
しかし、1945太平洋はアルノルトだけが連合側の空軍将軍だと相当キツイ。
(難易度の高い後半のステージはアルノルトだと力不足になる。とくに空挺兵に載せた時に打たれ弱く、火力も貧弱)。

西部戦線1944からは空軍の働きがモノを言うので、陸軍戦力を揃えたら検討してみよう。

ハルゼー(連合)

価格は465と良心的な設計であり、空軍☆4かつ海軍☆3とポテンシャルも高い。
空母に載せる将軍としては最適のスキルを持ち、連合側の空将としては破格の強さとコスパの良さを併せ持つ
連合で唯一の「空軍軍団」のスキルを持っており、有効活用するために空港の近くに駐留するか艦隊で移動したい。
空軍軍団で強化された空港からの爆撃も強いが、空港にダウディング(空挺兵)を駐留させ、空母に載せたハルゼーと併用させるとかなりの強さを発揮できる。

欠点らしい欠点は、スキルの海域偵察と精鋭部隊が南極では死にスキル、ということぐらいしかない。

歩兵将軍 Edit

優先順位は低い。しかし、今作はこれまでと違い、戦車将軍ごり押しゲーではなくなったので、歩兵の重要性が相対的に増している。
誰かを雇っておくとシナリオでは有利に立ち回れるだろう。歩兵は補給のコストが安いため、戦車や火砲と比べてリカバリーが利きやすいのもうれしい。
後半のシナリオでは敵の火力が苛烈さを増しており、補給や運用に気をつけないとすぐに消耗するので注意。

ルントシュテット(枢軸)

スキル「歩兵指揮官(確率24%で再攻撃)」持ちで「火力制圧」で反撃される際に受けるダメージが-40%される上に、敵殲滅時には「略奪補給」でHPが+12%される。価格は915と結構な高さ。
しかし、「略奪補給」はシナリオでは全くと言っていいほど恩恵を感じない
特にHPの+12%は一見多そうだが、実際に回復させてみるとほとんど差はない。シナリオでは【「略奪補給」の回復 << 敵の物量戦術】といった感じで普通に体力が削られる(特に重戦車や装甲車に対峙した際にはダメージ量と回復量が絶望的に釣り合わない)。
軍集団では敵のユニット数が最大6なので効果は出るが、敵が大量に襲来してくるシナリオでの運用には向かない
さらに致命的な弱点があり、機動力がゼロである。機動力が低い特殊部隊に載せるとせっかくの火力を生かせないまま「消滅」することもある。

フォローしておくと軍集団では、都市でいくらでも補給ができるため体力に関してはネックな部分はなくなる。

山下奉文(枢軸)

スキル「遊撃戦」により半分の確率で敵の反撃を無効化できる(これが地味に強く、重戦車相手にもひるまずに先制攻撃ができる)うえに、スキル「武士」により士気が下がらない。
機動力も☆3と高く、ヤバくなったら前線から一気に撤退して立て直すこともでき、機動力が低い特殊部隊(その代わり火力が高い)のデメリットを無視できる。
また勲章価格は810(野獣)で、ルントシュテットよりも100安いが、見劣りするほどの性能差はない。
太平洋枢軸シナリオでは、山下さんを仲間にしているとグッと楽になる。

マッカーサー(連合)

機動力が☆3、歩兵能力☆4と共に高いうえ、空軍能力☆2と火砲能力☆2を持つため、あらゆる場面の補助戦力として役に立つ(所持スキル3つの内2つが歩兵専用であることに注意)。
太平洋シナリオでの固定将軍枠だが、彼よりもニミッツの雇用を優先したい。
勲章価格が925とスリムより300も高い上に、北アフリカ戦線までの連合シナリオは歩兵将軍無しでもオールクリアできることに注意。

南極で都市補給が出来ないステージではスリムよりも優れている。
「歩兵指揮官」による連続攻撃、「奇襲」によるクリティカル率増、「火力制圧」による反撃ダメージ減で敵を迅速に撃破することに優れている。

スリム(連合) : コスパ最強の歩兵将軍

スキルがすべて優秀で、「遊撃戦」により反撃を食らわない上に部隊を補充するとスキル「予備役」の恩恵でさらに体力が回復する。
機動力は☆2でさすがにマッカーサーの強さには及ばないのだが、歩兵将軍としてはオールマイティーにあらゆる特殊部隊に載せることができ、損害を恐れることなく突っ込めるのが強み。勲章の価格も625とマッカーサーより安く、コスパが良い。

番外: 無料配布将軍 Edit

各シナリオの新ステージが解禁されるとともに使えるようになる。
枢軸は、装甲能力☆3以上の人が北アフリカ戦線に到達しても貰えないため、どこかで装甲将軍を雇わなければならない。
連合は、チュイコフとチモシェンコ、さらに特殊部隊のカチューシャとKV-6が強力であるため、新規将軍はニミッツだけでも1942太平洋戦線までは難なく突破できる。

枢軸国側 Edit

ボック(西部)

スキル「リーダーシップ」で継戦能力が高く非常にコスパに優れた人。工場で追加募集すれば、同コストの補充よりも回復する上、能力も上がる。
火砲兼任将だが、リーダーシップを活かすなら戦車OR装甲車などの補助戦力として乗せるのがオススメ。
グデーリアンと共に暴れさせよう。将軍枠が充実し始めたら、火砲に載せてもよい。
ただし重戦車に載せると、「リーダーシップ」を活かしにくいので注意。
「平原戦」持ちなのでなるべく平原で戦わせたい。

メッセ(西部)

スキル「装甲突撃」を考えると戦車将として使いたい(一応歩兵としても使える)。
「偽装」のおかげで火砲と戦う際に、損耗を抑えられる。スキルの「砂漠戦」は序盤の西部戦線では死にスキルだが、北アフリカ戦線ではそこそこ活躍する。

モーデル(東部)

シナリオ1941開放で入手できる歩兵+戦車将軍。「縦深防御」と「堅守」のスキルで籠城に強い...が拠点にいると敵から集中砲火を食らうため注意。
空軍能力も2あるので空将としても使える...が、東部戦線あたりで本格的に装甲戦力が枯渇するため、グデーリアンとタッグを組ませるとよい。
山下さんかルントシュテットを雇うまでのつなぎにできる。

小沢治三郎(太平洋)

海軍能力と空軍能力をそこそこ持つが、スキル「魚雷マスター」を持つため海軍将軍として使おう。
廉価な潜水艦に載せ、補給を随時行いながら敵艦船を削ったり、南雲やデーニッツの補助戦力として使うといい。

リカーディ(北アフリカ)

小沢と同じく海軍将軍。太平洋の難しい艦隊シナリオ(特に珊瑚海)は、リカーディを入手してから再トライするのもアリ。
北アフリカでは貴重な海軍戦力として活用できる(というか、空いてる将軍枠の関係上、他はほぼ陸戦将軍で埋めることになる)。

連合国側 Edit

ルクレール(西部)

何気に1944西部戦線でも軍団メンバーに入っている。
機動力が2ある戦車将。スキル「山地戦」を活かすためにできるかぎり、山に陣取って攻撃したい。
ただ、反撃を防ぐスキルがないため死にやすいので注意。「装甲指揮官」持ちで装甲車+竜騎兵に載せるとそこそこ活躍する。

カニンガム(西部)

海将だが空将としても使える。東部戦線1941までなら、連合の海将は彼だけで十分である。
太平洋突入後は、ニミッツの補助戦力として使うといい。ニミッツ、アルノルト、カニンガムの艦隊でクリアがしやすくなる。

チュイコフ(東部)

わりかし有能火砲将。
火砲能力は3だがスキル「集中火力」で強化される分、素の攻撃力はゴヴォロフを超える。
カチューシャが解禁されれば大幅に強さが増し、ゴヴォロフ取得後もチュイコフをM7自走砲あたりに載せれば、サブ戦力として活躍できる。
スキル「市街戦」持ちだが、建物にいると敵の集中攻撃を受けるため注意。

チモシェンコ(東部)

わりかし有能戦車将軍。戦車能力は3だが、スキルの「鋼鉄の洪水」のおかげで素の火力は連合側無課金将ならヴァトゥーチンに次いで2位。
雪地戦は東部戦線1941では有用...だが、反撃を防ぐスキルが何もなく、強力な敵将軍と対峙するとかなり消耗する。
前述のチュイコフと連携して運用したり、他に戦力を引き連れて集団で行動しよう。
パットンやモンゴメリーを取得したら、彼らにバトンタッチ。

アルノルト(太平洋)

空軍能力をもつ空軍将軍。空母や空挺兵に載せて運用するとよい。
ニミッツとタッグを組ませて、厄介な艦隊戦力に雷撃機で攻撃して士気を下げたり、爆撃を叩き込むと敵を効果的に弱らせることができ、敵艦隊の殲滅に非常に役立つ。
陸上でも、空挺兵の特殊部隊に載せればそこそこ活躍する。
1945太平洋からは、連合の空将が彼だけだとジリ貧に陥るので、ハルゼーかダウディング雇用を視野に入れよう。
ハルゼーは空母に、ダウディングは空挺兵運用に向いている。

アレクサンダー(北アフリカ)

歩兵能力と火砲能力が共に高いという珍しい人。スキル「機械工」で補充する際の体力回復が相まってコスパと継戦能力が高い。
連合では無料の歩兵将軍が貰えないので、歩兵運用もアリだが、機械工が死にスキルとなるのは悩みどころ。
北アフリカ戦線では「砂漠戦」のおかげでチュイコフより安定して高い火力を出せ、将軍枠も消費しないので火砲運用も十分視野に入る。
軍集団で火砲を大量運用する際にも声がかかる。
機動力がゼロなので、特殊部隊での機動力を補助を行いたい。

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ダウディングの項目で、「ケッセルリンクと同じく「空挺兵」スキル」とありますが、ケッセルリンクのスキルに空挺兵が見当たらないです。 -- アク禁の人? 2021-03-13 (土) 02:47:28
  • 連合側でも書いたけど、割とおすすめなのでこっちにも、一部連合マップだとカニンガムやルクレールと+して(1939なら、41だとマップによってどっちか外す)、勲章300強で買えるヴォロノフさん雇ったほうがいいかもしれん
    火砲⭐︎⭐︎⭐︎かつ火砲指揮官と精密持ち、コスパもいいし威力もある
    この人いるだけで一気に1941楽になった -- 2021-03-15 (月) 21:13:04
  • マンシュタインは課金将軍ですが、枢軸連合両方で起用出来るので他の戦車将の雇用分の勲章をセーブできます。KV-6+電撃戦を戦役でパットンと同じように出来たり、軍集団KV-6で敵歩兵に200ダメージ越えしたりとサクサクいけます -- アク禁の人? 2021-03-15 (月) 21:37:41
  • ヴァトゥーチンの説明で鋼鉄の洪水が鉄鋼になっています -- アク禁の人? 2021-03-27 (土) 22:04:09
    • パットンの説明でヴァトゥーチンがバトゥーチンになっています -- アク禁の人? 2021-03-27 (土) 22:05:29
  • 質問です。
    wikiユーザーの進行状況に書いてある進度で1942太平洋戦争の枢軸国の攻略をしたいのですが、現在勲章1129です。海軍将のことなのですが、南雲忠一(勲章730)とデーニッツ(勲章875)では、どちらを雇った方が良いのかどなたか教えていただけないでしょうか? -- 世界の覇者? 2021-03-30 (火) 22:23:57
  • wikiユーザの方だとデ2:南1みたいですが、デーニッツを呼んだ方は南雲を呼んでなくて、
    南雲を呼んだ方はデーニッツを呼んでないみたいですね。ちなみに私は南雲です。
    太平洋行く前に軍集団やりまくって、五十六と南雲を呼んだので先に五十六でもいいかもしれません。
    デーニッツバフがなくても、五十六南雲小沢艦隊でクリアできたんですが、デーニッツ使ってる方の意見も聞いてみないと微妙ですね。
    答えになってなくてすみません。 -- ベの人? 2021-03-31 (水) 20:07:49
    • ごめんなさい、チェックしそこなっちゃったんですが、
      ↑は世界の覇者さんあてのレスです -- ベの人? 2021-03-31 (水) 20:08:57
      • ■南雲
        メリット:タイマン最強。海軍少なめのマップ向き。戦艦単艦で別働隊として動くことができる。ロマン。軍集団向き。
        デメリット:周囲を強化しないので、マップ次第でもう1人海将が必要になり陸に割けるリソースが減る

■デーニッツ
メリット:周囲の味方をL3将軍付き同等の火力にできる、海軍多めのマップ向き。リソース節減。スマート。征服向き。
デメリット:タイマンでは南雲に劣る、また海軍が少ないマップだと群狼が若干死にスキル。

ただ、1945の太平洋でモーデル提督でクリア出来たのは五十六の空軍集団のおかげな気がするので、やっぱデーニッツのがいいのかなあ

自レスすみません -- ベの人? 2021-03-31 (水) 20:31:19

  • モントゴメリー消されてるけど使いやすいよ。シナリオ将軍な事が多くて機械工な分耐久性もそこそこ、将軍の体力バフも機械工の効果上げてる?はず。パットンはともかくヴァトゥーチンよりは使い勝手が良い -- 2021-04-10 (土) 12:06:20
  • 南雲とデーニッツ、ニミッツを雇いました。南極では被ダメを減らせるデーニッツが大活躍します。 -- バグラミャン 2021-05-01 (土) 12:59:33
  • 今北アフリカ戦線で詰まっているのですが、ゴヴォロフとロンメルはどちらを雇った方がいいですか? -- 2021-05-26 (水) 20:20:11
  • 手持ちグデーリアン、ニミッツ、デーニッツ、パットンで西部戦線1944まで到達しました。
    これからのシナリオを攻略していく上ではやっぱりレープ雇用がいいですかね? -- 2021-06-29 (火) 14:14:39
    • 1944からは敵に将軍付きの重戦車がかなり多くなるので射程3以上の火力が欲しいところ -- 2021-07-05 (月) 19:57:45
    • 枢軸はいた方が心強いかなぁ。低確率だけど将軍戦車を1ターンで葬れる素質があるレープ×エレファントは普通に強い -- 2021-07-15 (木) 19:00:59
お名前: